産後ダイエットがうまくいくかどうかは授乳中の食べ物できまる?

妊娠中はどうしても体重が増えます。赤ちゃんは3kgほどなのに、母体は10kgから20kgほども増えてしまいます。ですからどんなに体重管理が上手だった女性であっても、大体は産後ダイエットにいそしむことになります。授乳中の母体が栄養を求めるのか、妊娠期間中に思い切り食べられなかった反動が出るのか、産後に食欲がぐんと増す人は多いです。産後ダイエットの基本は「食べ過ぎない」ということに尽きるので、達成は厳しくなるのです。
産後ダイエットの苦労を知らずに済む運の良い人もいます。母乳がよく出る人に多いのですが、授乳中どれだけ食べても赤ちゃんが母体の栄養を吸い取ってくれるので体重が落ちていくという仕組みです。授乳中は決して太らないなんて羨ましい話です。

ただし少数派です。産後ダイエットどころか「授乳中だから大丈夫だろう」と食べ過ぎて、逆に体重を増やす人もいます。産後ダイエットが上手くいかない人は後を絶ちません。俗に「一人産んだら10kg増える」とも言われます。大多数の女性は産後ダイエットに失敗していると言えるのかもしれません。しかも産後ダイエットの失敗を当たり前のこととしてほぼ受け入れているようなのです。けれど、産後そして授乳中という、人生の中でも数少ない特殊な時期です。この時期に産後ダイエットを頑張ってみるということにはちゃんと意味はあります。授乳中の身体は活発に新陳代謝を行なっています。きれいに体重減少できるチャンスなのです。つまり産後ダイエットが一番効果的なのは授乳中だとも言えるのです。

ところで、授乳中に禁忌とされる食べ物があります。「授乳中食べてはいけない」とよく言われるものとしては、乳製品、肉、生クリームたっぷりのケーキ、揚げ物、刺激の強いスパイス、アルコールといったところです。授乳中の乳腺を詰まらせるそうです。しかし、美味しいものばかりですね。産後ダイエットに限らず、これらの食品を断てれば普通に体重減少に繋がりそうです。授乳中の産後ダイエットに成功する人は実は、これらの食品を摂らないように心がけているから、ということはあるかもしれないですね。