授乳中の産後ダイエットの注意点はコレ!

授乳中の産後ダイエットは注意が必要です。授乳中という特別な条件がある今、どうやったら上手にダイエットを進められるか、その注意点を考えてみましょう。

子どもも無事生まれたし、すくすく育ってくれて満足、これだけでも幸せですよね。でも、子どもを産んだら自分の体形の情けなさにがっかりしている女性も多いことでしょう。

とくに、腰回りやお腹がどうしてもたるんでしまっています。子どもを産めば自然と戻ると考えていたのが、どれだけ甘かったかを思い知らされますよね。

そこで、これは授乳中だけど、産後ダイエットを始めなくてはこのままになってしまう、と焦る気持ちもわかります。特に体調に問題がなければ、授乳中でも産後ダイエットに踏み切って良いと思いますよ。

でも、注意点としては、お母さんであるみなさんが極端な産後ダイエットに走ることで、授乳中の子どもに影響がないように気を付けなければなりません。

授乳中ということは、子どもが母乳から主な栄養素を摂ることで、正常な成長を促しているわけですよね。これが、産後ダイエットの影響で母乳の質が悪くなったのでは、本末転倒でしょう。授乳中の子どもを健やかに育てることに支障が出てきてしまいます

授乳中の産後ダイエットの方法としては、食事制限だけを考えるのは避けましょう。極端な食事制限による産後ダイエットは、一時期体重ががくんとおちても、ストレスがたまってリバウンドの原因にもなるし、何より授乳中の子どもへの影響も心配です。もしかしたら、母乳が出なくなってしまうかもしれません。

おすすめなのは、ちょっとしたエクササイズですね。例えば、授乳中の子どもを抱えたままできる産後ダイエット用のエクササイズが案外たくさんあるものです。これを、疲れすぎないように毎日続けていくのです。それと、授乳中は母体が疲れやすくなっていますから、決して無理しないことが産後ダイエットの長続きのポイントです。

でも、あまり深刻に考えないでくださいね。今は授乳中の子どもを第一に考えて、卒乳してから本格的な産後ダイエットを始めても良いのです。産後ダイエットをしなくては、と焦るのが授乳中の子どもだけでなく、みなさんにとって良くない結果にありますから、気を付けましょう。