「 産後のダイエットは難しい? 」一覧

授乳中ダイエットの難しさを実感しました

女性にとって赤ちゃんができるのは非常に喜ばしいものですが、自分がなったときに気づいたのがいわゆる妊娠太りというものでした。周りの経験者からも脅されていたのですが、やはりというか体重がかなり増えてしまってちょっとだけがっかりしました。まあ健康な赤ちゃんを産むためですし仕方ないとは言っても、産んだあとのダイエットに関してはもう初めてみても良いかなと思って、授乳中ダイエットの情報を収集し始めました。

授乳中ダイエットというのは当然普通のダイエットとはわけが違うのであり、特に授乳という赤ちゃんの健康に関して考慮しないといけないのが難しい点だと思いました。当然ですがまず断食のような母乳に悪影響を及ぼすものは却下ということですが、それ以外にも赤ちゃんの世話をするということがありますので、運動療法なども制限がかかるような感じとなりました。やはりそういった健康面でしっかりとした管理をしないといけないのは、各種の口コミなどを調べても同じような授乳中の方々も悩んでいるそうでしたね。

そして色々と調べてみたところどうやら酵素ドリンクダイエットというのが、授乳中でも出来るということで人気があるというのが分かりました。酵素ドリンクというのはその名前の通り野菜や果物などに含まれる酵素がたくさん入ったものであり、特に代謝を高める効果があるというので、これを使って栄養素を取りながらダイエットをするというものだそうです。飲み方は炭酸で割ったりするので簡単にできますし、置き換えダイエットという方法でもすることができるそうでした。軽い断食みたいな感じですが、別に食事とあわせて飲むだけでも効果があるというので、まずはこれから始めてみるのが簡単かなと思いました。実際に初めてみてから一か月が立ちますが、授乳中ダイエットとしては時間を取られずに済みますし、栄養素や酵素のパワーで母乳の出も変わらずにいるので、これからもこの授乳中ダイエット続けていきたいなと思いました。


産後ダイエットで大切な運動とその注意点

出産後の女性は、体型で悩んでいるケースがとても多いです。出産後には、やや体脂肪率が増加してしまうケースもある訳ですね。
そこで人によっては、産後ダイエットを検討しています。実際そのダイエットは、一定の効果は見られるのですね。ダイエットを行った結果、体脂肪率がかなり減少している事例も少なからず見られます。

産後ダイエットの一番大きなポイントは、やはり運動ですね。ある一定以上の運動をしない事には、やはり痩せるのが少々難しくなる傾向があります。
思えば産後に限らず、普段のタイミングでも運動をする事は必要なのですね。運動不足になってしまいますと、総じて体調不良になりがちなのですが、それで体脂肪率が増えてしまうケースも多々見られます。逆に一定以上の運動を心がけていれば、体脂肪率が減少している事例も多い訳ですね。

ですので運動をしてみれば良い訳ですが、産後のタイミングでは気をつけた方が良い点もいくつか見られます。まず過剰な運動はあまり良くないです。
そもそも産後というタイミングでは、体がややデリケートになっている一面があります。出産をしていないタイミングならば、ある程度の運動などには耐えられる事も多いですが、やはり産後となると話は別です。ちょっと体に対するダメージも蓄積されやすくなっていますので、激しすぎる運動などは控えておく方が良いでしょう。

また運動をしすぎると、食事量が増えてしまう可能性があります。人間は一定以上の運動をすれば、とにかくお腹が空きがちですね。それで普段以上に多くの食事を摂取してしまう事により、かえって体脂肪率が増えてしまう事例も見られます。

ですので産後ダイエットのポイントとしては、あまり過度な運動はしない方が良いでしょう。基本的には適度な運動を心がけるば良い訳ですが、その為にダイエット用のジムなどに通ってみるのも悪くないですね。ジムなどでは、その方に合わせた適切な運動方法などを提案してくれる事も多いからです。


産後ダイエットの正しいやり方について思うこと

みなさんの中にもこれまでに産後ダイエットをやった事があるという人も多いと思います。確かに子供を産んだ後には産む前よりもどうしても太ってしまう事が多いです。

ですが、そういう人も産後ダイエットを無理にやってはいけないです。なぜなら、産後に体重が増加するのは赤ちゃんに栄養を与えるために起きる普通の事だからです。

ですから、いくら体重が増えて嫌だと思っても急激なダイエットは避けた方が良いです。でも、体重が増えたままでずっといて良いとも思わないです。

ですから、産後ダイエットをやろうと思った時は産後ゆっくり始めるのが良いです。その際にはまず食事量を少し減らしていくくらいがちょうど良いです。

それで多くの方は体を壊す事なく健康的に痩せる事が可能になります。ただ、残念な事にいくらそう言われてもいざ産後ダイエットを始めるとすぐに元の体重に戻りたいという欲望に負けて短期間で無理なダイエットをしようとする女性が多いです。

ですが、それは絶対に避けた方が良いです。なぜなら、そんな事をしても体を壊すだけで後で必ず後悔する事になるからです。

では、具体的にどういう風に後悔するのかというと短期間で無理なダイエットをすると体重が落ちてもその反動でまた食欲に負けてしまってリバウンドしてしまう事になりからです。

ですから、産後にしっかり痩せたいと思うなら無理なダイエットはしないでゆっくり体重を落としていくのが良いです。

それで多くの方は確実に体重が落ちてリバウンドもしないで済みます。少なくとも私はそうやって産後のダイエットを成功させました。

もちろん、その後リバウンドもしていないです。ですから、これまで産後にすぐに元の体重に戻す事にこだわっていたという人はもっとゆっくり時間を掛けて半年くらいのスパンで痩せる計画を立てる事をおすすめします。

それで多くの方はリバウンドしないで済むのでぜひ焦らずにダイエットをして欲しいと思います。


もう一度きれいな自分を取り戻す産後ダイエット

女性が妊娠そして出産するというのは素晴らしいことであり、新たな命の誕生ということになります。自分の子ができるときほど嬉しいことはないかもしれません。では妊娠に伴い、どうしても増えてしまった体重ですが、出産することで減るとはいえ、思ったほどの体型の変化がなくて太ったままではないか、そんな状態になってしまうとしたらとても不安になります。それで産後ダイエットを意識することができるのであり、できるだけ早いうちに取組むことができます。ある調査では出産してから6ヶ月くらいまでがこの効果が出やすいといわれていますので、早めに取り掛かり先延ばしにしないことです。そうすれば比較的早く妊娠前の自分に戻していくことができるのです。

産後ダイエットの時には赤ちゃんにミルクを与える授乳をすることになりますが、それは赤ちゃんに栄養を与えることであり、自分のダイエットにもつながっていきます。ただ気をつけることは食事制限などをかなり極端にするとミルク母乳の栄養素も少なくなってしまう危険がありますので、その点は気をつけるようにしたいものです。また運動することもいいことなのですが、これもやはりやり過ぎには注意が必要です。それでなんでもし過ぎないように少しずつ戻していくという意識で取組むことができます。栄養のバランスやカロリーにも注意を払いますし、毎日体重計に乗ってチェックすることもできます。

子供を持つ主婦の女性がとってもきれいでスリムで、出産を経験したのにまるでそれをしていないかのような美しさを保っているというのは素晴らしいことですし、それに憧れてしまうものです。それができるかどうかはどれほどそこに取組んでいるかにかかっています。産後6ヶ月が勝負ともいわれているのでその間にできることをどんどんしていきたいものです。そのようにしていけば必ず産後ダイエットはできるのであり、きれいな自分をもう一度取り戻すことができるのです。


マタニティヨガを行って産後ダイエットに繋げる利点

出産前の段階から行うヨガの中にはマタニティヨガがあり、妊婦が行えるヨガとして出産にも有効な運動になります。

このヨガは妊婦の体力を付けたり骨盤の柔軟性を高めてお産の力を高めるという利点がありますが、それ以外にも産後ダイエットにも有効な効果があり、マタニティヨガによって相乗効果を産む事が可能です。

ヨガの基本としては呼吸と姿勢、瞑想といった三つの柱で成立しており、妊婦が行うヨガでは妊娠時の運動不足を防いだり、代謝アップや呼吸の訓練にも繋がり、何よりも骨盤を柔らかくしておく事で、出産後に骨盤の開きや歪みの治りを良くしてくれます。出産の過程で骨盤は広がる事になり、それをそのままにしておくと骨盤が乱れてしまい、それが体全体のバランスを崩したり太りやすい体質に変えてしまう特徴があるのです。

ですから出産後に太りやすくなるというのは骨盤が大きな影響を与えており、ヨガはこれを防いだりやわらげてくれる効果が高いですから、妊娠時にヨガを行って産後ダイエットの準備に繋げておく事は大きなメリットと言えます。

そもそも出産に至るまでには体力も使い、出産時には呼吸の乱れも起こりえますから、ヨガによって呼吸訓練をしたり体力を作り、骨盤を柔らかくするというのは出産を円滑に進める上でも大きな効果があるものです。出産時にも有効であり、なおかつ産後ダイエットにも相乗効果を与えてくれるというのは恩恵が大きいですし、妊娠中にこうした運動を採り入れておく事は有効になります。

ヨガ教室で行う事によって出産を控えたママ仲間が出来ますし、精神的にもリラックス出来る効果も高く、何よりも産後に一緒に努力出来る仲間を作っておけば、さらに効率をアップさせて結果を出せる可能性を高める事に繋がります。

ヨガと言っても指導を受けて行えば安全であり、運動が苦手な方でも自身のペースで行う事が出来ますから、出産や産後を考えた時にこの運動で準備しておく事は将来的にも良いものです。”


軽めの運動で産後ダイエットを効率よく行うコツ

出産をした直後に産後ダイエットを行う場合、代謝を上昇させる為に最初は体操などの軽めの運動を中心に行います。出産する前の体力を戻す為には、ラジオ体操やストレッチなどの優しい動きで体をほぐす事が大切です。赤ちゃんを育てる事にコンプレックスを感じて、育児や家事などでストレスを溜めないように精神面も鍛える事を心掛けます。精神面を良くする為にはポジティブな考えを持ったり、運動をしながら近所の人とコミュニケーションを積極的に取る事です。

産後ダイエットを効率良く行う為には、出来るだけ朝早く起きる事を心掛けて、毎朝ラジオ体操や軽めのウォーキングを行います。母乳で赤ちゃんに栄養を与える事を考慮して、極端な減食は控えながら栄養バランスの取れた食事を心掛けます。パートナーとしての旦那が一緒に運動に協力する事を懇願して、旦那が一緒に行動を心掛けると産後ダイエットに対して精神面でもやる気が出ます。ポジティブ思考で長期的に軽めの活動を行う事で、体のコンプレックスの面でも気にしなくなる事に繋がります。

出産をしてから骨盤が歪むなどの影響で、代謝が低下する事を考慮して、余裕があれば骨盤の周辺の歪みを解消する運動もお勧めです。骨盤の周辺を運動する事で、妊娠の途中などに溜まっていた脂肪を解消する事が可能です。主婦の悩みとして、出産をしてからお腹が出た事に言及している人が多いです。

骨盤を鍛える運動は、30度ほど体を横に曲げてお腹の部分を左右にスライドさせる行動です。お腹の周りを左右にスライドさせながらお腹周りにある筋肉を鍛えますので、引き締めたい人にお腹周りを左右にスライドさせる運動が効果的です。
産後ダイエットは途中で止めないで、体の全体が引き締まっても継続的に行う事が大切です。最初は体力を付けるためにウォーキングなどの軽めの活動でも良いので、動かす意識を持ちながら徐々に体力を付けて、慣れてきたら少しずつジョギングなどのハードな活動にも手掛ける事も良いです。


産後ダイエットを行う時の注意点について

産後ダイエットを行う時の注意点を知っておけば効率的に結果を出す事が出来ますし、逆に言えば知らないと結果を出す為に労力負担が大きくなります。出産する時には骨盤が広がる事になり、それによって歪みが発生する事によって代謝が落ちて脂肪がつきやすくなる特徴がありますから、骨盤矯正を行う事が産後ダイエットのポイントになり、骨盤を正しい位置に持ってくる事で代謝アップに繋がって痩せやすくなります。

骨盤が歪んだまま放置すれば脂肪が蓄積しやすくなり、産後に時間経過が進んでいけば取れにくい脂肪も付いてくるリスクがありますから、出産後は1か月程度で産後検診を受けて体調チェックを行ってから始めると良いです。通常のダイエットと目的は違っていて、痩せるという事よりも母体を元通りの状態に回復させる事が重要であり、時間をかけながら少しづつ体調を元に戻していく事が有効になります。時間をかけると言っても産後あまりにも長く間を空けてしまうと、骨盤の歪みや脂肪が取れにくいという事がありますから、開始は早くして結果を出しやすくすると良いです。

負担のかかる運動や食事制限を行う必要は無く、適度な運動療法や食事療法を行って結果を出せば良いですし、ストレスを溜めないように継続的に行う事が望ましいと言えます。骨盤の歪み等は専門家の施術で治すのも良いですし、骨盤ベルト等を活用するのも良いですから、相性の合う方法で行う事が望ましく、可能であれば最初は専門家のチェックを受けて施術を重ねていくと安全です。

骨盤を正しい位置に戻す為にも適度なストレッチ等を行う事は有効ですし、出産前の段階からヨガ等で骨盤を柔らかくして準備を整えておくと、産後ダイエットを円滑に進めていける利点もあります。骨盤が重要なポイントになりますから、この歪みをなるべく早く取り除いて、その上で運動や食事を織り交ぜて体調を元に戻していくと安全かつ効率的に結果を出す事が出来るものです。


産後ダイエットで妊娠前より痩せられる場合もある

初めての妊娠と出産を経ると、今度は初めての育児が始まります。すると生活にも心にも余裕がなくなり、妊娠中に必要以上に体に付いてしまった脂肪を落とす為のダイエットが出来なくなってしまう方も少なくありません。しかし、産後はダイエットに適した体になっているのです。この時期に上手にダイエットを行えば、妊娠前よりもスリムな体を手に入れることだって不可能ではありません。

女性の体は妊娠と出産で大きく変化します。特に出産の際は、胎児がスムーズに産まれ出てくることができるよう、骨盤が大きく開きます。そして、産後は開いた骨盤が元に戻りやすいように、しばらくは非常に骨盤が変化しやすい状態になるのです。

産後の骨盤はだいたい半年くらいかけて元に戻っていくと言われています。つまりこの間は骨盤メイキングが可能なのです。普段はなかなかスムーズに動かすことができない骨盤も、産後ダイエットによってきゅっと引き締めること出来てしまうというわけです。

産後ダイエットのメインは、やはり骨盤ダイエットです。出産時に開いた骨盤をきちんと元に戻さないまま固まってしまうと、下半身が太りやすい状態になってしまいます。しかし産後に骨盤ダイエットを行ってしっかり引き締めてあげれば、下半身のサイズダウンが夢ではなくなります。実際、産後ダイエットによって妊娠前よりも理想的なプロポーションを手に入れる女性も案外たくさんいるそうです。

出産直後は骨盤ダイエットを行うわけにはいきません。しかし産後1か月くらい経つと出産によって体にかかったダメージも修復されてきて、産後ダイエットも可能になります。ここから産後半年までの間が勝負です。ちょっとした空き時間に骨盤矯正エクササイズを行ったり骨盤矯正用の補正下着を着用したりすると、開いた骨盤はぐんぐん締まっていくはずです。

もともと下半身が太りやすい女性の場合、長年の生活習慣が原因で骨盤が開いてしまっている可能性が高いと言えます。平常時では開いた骨盤をスムーズに締めることは難しいですが、産後という貴重なタイミングを上手に活用すれば、開いた骨盤をしっかりと引き締められるでしょう。