「 授乳中おすすめダイエット 」一覧

授乳中はダイエットの大きなチャンスとなる

子どもが生まれて太ってしまった、という方も多いでしょう。妊娠中はあまり大きな動きができませんし、赤ちゃんのために栄養状態を良くする必要もあったため、体重がある程度増えてしまうという事は仕方のないことです。ただし、その体重を減らすチャンスもやってきます。出産後になると子どもを育てることで体力的にもかなりの負担になります。そのため、普通にしていても体重がそれほど増えにくく、減りやすいのです。

特に母乳育児をしている方は授乳中ダイエットという事がよく言われています。授乳中は母乳に栄養が取られるため、自然に消費されていく量が増えます。きつい運動などをしなくてもある程度体重が減ったりするのはそのためです。そのため、授乳中ダイエットを大きなチャンスとしてとらえ、逃さないようにしてみましょう。

まずはできるだけ母乳で頑張ってみるという事に取り組んでいきましょう。母乳の出が悪い方や仕事復帰を考えている方はミルクに切り替えてしまいたくなるかもしれませんが、母乳に含まれている栄養は、赤ちゃんに免疫をつけてくれるなど大きな役割を果たしています。少しでも母乳を飲ませることによって、赤ちゃんにも良い影響がありますし、お母さんにも授乳中ダイエットにつながるメリットがあります。すべてを母乳でという形でなくても、併用する形で授乳を行ってみるという事もよいでしょう。

また、授乳中の痩せやすい時期を利用して、身体を動かしてみることもおすすめです。運動の時間や場所が取れなくても、赤ちゃんを抱いて動き回ることである程度運動になります。赤ちゃんと遊びながらできる運動を取り入れてみるのもよいです。わざわざ運動をしなくても、抱いてお散歩するだけでも良いでしょう。赤ちゃんの重さが負荷になって、ただ動くよりもダイエットにつながりやすくなります。
妊娠中に増えてしまった体重は、このような形で授乳中に自然に解消していくのがおすすめです。


授乳中ダイエットは無理しすぎないようにしましょう

授乳中ダイエットはあまり無理しないようにしましょう。どうしてもホルモンバランスが乱れてしまいがちになるので、母乳の栄養が不安定になる可能性が高まるので、できるだけ負担の軽いダイエット方法を実践すべきです。それではどういった方法を実践すべきでしょうか。

一番いい方法は、とにかく軽く歩くことです。軽く歩くことで出産直前まで使われずに弱った足腰の筋肉を少しずつ鍛えてくれるので、徐々に基礎代謝が高まってくれるわけです。基礎代謝は筋肉の量が多ければ多いほど高まるので、まずはそこをクリアしていくようにひたすら歩くと良いでしょう。

間違ってもひたすら歩こうと、長時間その日のうちに歩きまくるのだけはやめてください。そうではなく、どちらかというともう少し高い運動強度に耐えられる体が作られるまでは授乳中ダイエットとして歩く日を重ねるという意味合いです。徐々にというもどかしさはありますが、栄養面の妥協を許されない授乳中ダイエットなのでふだんのダイエットとはレベルが違うと捉え、じっくりと取り組んでいく必要があるのです。

いくら産後で太りやすいからといっても無茶なことだけは避けるように努めてください。栄養面が大切なのに食事制限を無理して倒れてしまう人もいるので、最新の注意を払って少しずつ体を痩せるような体質に仕上げていってください。ある程度なれて体が作られればもう少し運動強度の高いジョギングなどを行えるようになりますし、ダイエットジムなどで汗を流せるようにもなるので楽しみに励まれるとよろしいのではないでしょうか。

授乳中ダイエットというと成功しにくいと言われていますが、コツコツ諦めずに続けていけば必ず痩せることはできるので無理のない範囲でがんばってみてください。ひとりでは心細かったら、旦那さんやご両親に相談されるのもいいですし、先輩ママさんであるお姉さんなどがいたらまっ先に体験談を聞くのもまた成功の秘訣です。


赤ちゃんと一緒に遊ぶのも授乳中ダイエット

授乳中ダイエットとは別名産後ダイエットとも言われている物でして、出産後のママさんが痩せようとする事を指しています。ただ私としましては特別何かをしなくても自然な形で痩せることができるという風に考えています。例えば、授乳という行為そのものが既にダイエット効果があるのです。母乳が栄養の塊とも言えるものなのは皆様ご存知かと思うのですが、それを赤ちゃんが飲んでいるという事はつまり新たな栄養分が減っているという事になるのです。

ちなみに授乳を全くしない場合は体内に回収されていきますので、栄養分はアナタの体の中に残り続ける事になります。当然ながらそれらは脂肪というものに変わって蓄積される事になるでしょう。これではダイエットが上手くいかないのも仕方がありません。できるだけを多く赤ちゃんに母乳を飲んでもらうようにしましょう。

それ以外の点でやるべき授乳中ダイエットは散歩などでしょうか。ずっと部屋の中にいては母子ともに健康に良くない様な感じがしますよね。そこで気分転換を兼ねて2人で一緒に外出する訳です。子供と一緒ですからあまり遠くには行けないと思いますけど、それでも歩いていればカロリーを消費する事が出来ますので、ダイエット効果が期待できるという訳です。

この様に授乳中ダイエットは自然な動きの中で行うと良いと思います。その方が体への負担も少なくて済みますよね。気合いを入れて何かをする事を否定する訳ではないですけど、それだと長続きが難しくなってしまうのです。でも、授乳や散歩はどちらにせよやらなければいけない事ですから、特別な負担を感じないで済むという利点があるのです。

ある程度子供が大きくなったら公園で一緒に遊んでみても良いかと思います。これも立派な授乳中ダイエットでしょう。あまり深刻に考え過ぎずにこんな風に遊んでみればいつの間にやら体重が減っているものだと思います。むしろ、子供が元気すぎて痩せすぎに注意した方が良いぐらいかも知れませんね。


妊娠中に太りすぎた分は授乳期に戻します。

1.

出産後、赤ちゃんに授乳が始まります。実はこの授乳ってとてもカロリーを消費します。
なので、授乳中ダイエットというのはとてもおすすめなんです。母乳は白いですが、これは血液で作られているものです。
一日にせっせと母乳を作るので、貧血になりやすいから気をつけなさいと言われるのはそのためです。・・・で、赤ちゃんはどんどん母乳を飲み日々成長していくわけなので、お母さんはお腹がとてもすくはずです。そしてお腹いっぱい食べても太らない不思議を経験すると思います。
ですからこの時期に栄養バランスのとれた食事をしっかりして、甘い物など控えることによって、空腹感が辛いということが比較的少なく効率よく痩せられるわけです。

私のように大食いしたいタイプにはこの授乳中ダイエットはうってつけでした。もちろん、産前からこの方法は知っていましたし、する気満々でした。
納豆ご飯をお代わりして食べても、おやつにまた丼ごはんを食べたくなる、満腹になった頃、赤ちゃんが泣いて母乳をどんどん飲むので、また少ししたらお腹がすく・・・そんな繰り返しです。こんなに食べて授乳中ダイエットできるのだろうか?と思うのですが、翌日に体重計にのっても全然増えません。本当にカロリー消費しているのだとわかります。

ですが、この授乳中ダイエットの効果が得られるのは産後6か月くらいまでのような気がします。
離乳食が始まる頃には母乳の量が減る人もいますし、またいつまでも母乳が出続けるとは限りません。
私の場合は母乳の出は良かったですが、産後半年ぐらいから徐々に産後太りし始めたのです。なので、調子に乗って食べる量を増やさないことが大切かもしれません。
胃が大きくなったのを小さくするのって最初辛いですから。

その後は、まあ徐々に食べる量を減らして、体重も落ち着かせましたが、最初の半年にもっとストイックにやっていれば大幅に減量できたかなぁとちょっと残念に思っています。
授乳中ダイエットはおすすめです。しっかり赤ちゃんに栄養がいくように、栄養バランスのとれた食事を普通に食べるだけです。


授乳中ダイエットは実現可能かどうか。

妊娠出産をえて授乳を開始すると、授乳中ものすごい空腹感に襲われることがあります。この空腹に耐え切れずに食べ続けると体重は恐ろしいほど増加してしまいます。

授乳中ダイエットは果たして可能なのでしょうか。授乳中ダイエットをすることができれば、妊娠時に増加してしまった体重を減らすことができるので、妊娠前の体型に戻すことができるかもしれません。ですが、授乳中というのはものすごくお腹がすき、また、睡眠不足から体力を維持しようとどうしても食べてしまう傾向にあります。ですが、授乳中ダイエットが実現できれば多くの女性が体重を正常な数値に戻すことができ、健康的な体を取り戻すことができるようになります。

痩せすぎな人でない限り、体重が増えるということはいいことではありません。体が重くなれば動きたくなくなるし、動かなくてもお腹はすいてくるんです。お腹がすけば何かを食べるし、動かなくて何かを食べれば当然、体重は増えます。ですから、体重は標準体重を目指して常に努力をし続けるべきなのです。一度増えた体重はそう簡単には減りません。

授乳中にダイエットをしようと思うなら、多少の空腹は見てみぬフリとでもいいましょうか、無視をする必要があります。空腹感を満たすためだけに何かを食べていれば体重は増えます。本能のままに何かを食べるのをやめてみるだけで体重が減るかもしれません。ダイエットとは食欲との戦いです。授乳中にはお腹がすくので空腹を満たすために少量を食べていれば問題ない、と思う人もいるかもしれませんが、1日に摂取するカロリーをきちんとコントロールしない限り間食は太る原因にしかなりません。

正直、授乳中にきちんとカロリーコントロールをするだけの時間的余裕がある人はいないと思っています。もしカロリーコントロールができないのであれば、間食は空腹を感じてもしないことです。これが、痩せるための重要な第一歩となります。厳しいようですが、食べたら太ります。それを念頭においてダイエットに励みましょう。


授乳中のダイエットで実践したこと事を書きます!

2人目の子供を出産して増えた体重を減らしたかったので、授乳中ですがダイエットを始めました。授乳中ダイエットでは食事を減らすのは一番よくないので、食事に関しては間食をしないことだけを心がけました。食事を減らすと母乳の出る量も減るので母乳も自然と出なくなることが多いです。1人目を出産したときに食べないダイエットを少ししてしまい、母乳の出る量が減ってきたので食事を減らすのは良くないと思いすぐにやめました。なので今回の授乳中ダイエットでは間食はあまりしないようにして、食事は3食しっかりと食べました。

食事に関してはあまり調整できなかったので、今回は運動を主に行うことにしました。子供と一緒に散歩をしたり、風呂上りに腹筋などをして運動をしました。食事を減らすことはしていないので、すぐには成果は見えませんでしたが、毎日続けていくと少しずつ体重が減ってきました。本当に少しずつですが体重が減ったことが嬉しかったので、毎日続けることができました。体も引き締めたかったので運動をしたことはよかったと思います。軽く腹筋などもついてきたので見た目も引き締まってきていい感じになってきました。

授乳中ダイエットでは食事に関してはあまり制限しないほうがよいと思うので、地道に運動をして体を引き締めるのが良いかも知れません。食事を制限しないと言っても食べ過ぎるのはよくありませんので、母乳に良い和食で食事をするのが良いと思います。ダイエットを本気でするのであれば、間食は絶対にせずに和食を徹底すれば、体重は少しずつ減ると思います。結構母乳をあげているだけでも体重は減ります。自分自身も母乳だけでも体重がだいぶ減っていました。ですが、体を引き締めたいのともう少しだけ体重を減らしたかったので授乳中ダイエットを行いました。

目標体重まであと少しですので、気を引き締めて運動を頑張りたいと思っています。卒乳したら食事制限も軽く入れていけたらいいなと思っています。


母乳が出ている間は痩せやすいです

産後のダイエット方法といえば、やはり授乳中ダイエットが一番簡単だし効果もあると思います。母乳というのは血液から作られます。せっせと栄養をとらなくては母乳は出ません。どうりで、授乳をするとお腹がすくはずなのです。お茶碗いっぱいのごはんを食べてもすぐにお腹が減ります。沢山食べても体重は減りもしないけれど増えもしませんから、やはり相当なカロリーを消費しているのは間違いないのです。

ここで、食べる量、カロリーを気をつければ確実にダイエットできると思います。ただ授乳中のダイエットは気をつけなくてはいけないことがあります。赤ちゃんが栄養不足にならないように、しっかりと栄養は取らないといけないということです。ただ痩せたいからと栄養のない食事をしていたらいい母乳が出なくなります。賢い授乳中ダイエットとは、3食しっかり栄養バランスのとれた和食中心のものを食べることではないでしょうか。

控えるものは高脂肪のものや甘いものでしょう。ケーキ、クッキー、アイスクリームなど甘くておいしいものは脂肪と糖分が多いカロリーだけのものと思っていた方がいいです。心の栄養として楽しんで食べる分にはいいのですが、授乳中ダイエットならばそのようなものでカロリーを補給するのではなく、納豆ご飯、野菜の煮物など糖質、たんぱく質、ビタミン、カルシウムなどバランスを考えなくていけませんよね。

また血液から母乳は作られますのでどうしても鉄分は不足しがちになります。おすすめのおやつとして私は枝豆をよく食べていました。葉酸も含まれているので妊娠中も好んで食べていましたが、授乳中ダイエットのおやつとしてもいいと思います。枝豆のほのかな甘みがとても癖になり、また甘いお菓子と違って、栄養もあると安心感から冷凍庫には2袋くらい常備しているように心がけていました。また授乳中はのどもかわくので、麦茶などこまめに水分補給もしていました。

便秘になると苦しくなるので意識して多めに飲むようにしていました。おかげで便秘もなく授乳期間を終えることができました。


授乳中ダイエットには酵素ドリンクを

女性のダイエットという問題はいつも悩ましいものですが、特に産後や授乳中ダイエットに関してはちょっと通常と事情が違ったりするので、結構気を使ったりしますね。友人の話に聞いたのですがやはり授乳中ということで無理なダイエットは赤ちゃんのためにも良くないということで、その友人がしているのが酵素ドリンクを飲むダイエットということだそうでした。

酵素ドリンクというのは各種婦人雑誌などに乗っていて存在自体は知っていたのですが、まさか授乳中ダイエットにまで効果があるというのは初めて知りました。とはいっても酵素ドリンクダイエットに関しては断食的はイメージがあったのですが、どうやら置き換えダイエットという方法で一食だけを酵素ドリンクに変えて生活をしていくというものだそうでした。なんなら普通食事にドリンクとして飲むだけでも十分な効果あるそうで、各種野菜や果物などの栄養素もそれ自体に豊富に含まれているそうで、赤ちゃんがいない自分でも効果がありそうな感じでした。

この酵素ドリンクには授乳中ダイエットだけではなく女性にとって嬉しい成分がたくさん入っているそうで、ダイエットにはもちろんのことですが肌のトラブルを改善してくれたり、お腹の調子も整えてくれるという効果もあるそうなので、ちょっと興味が湧きました。しかもその酵素成分は元々食品から摂取されているものなので、安全性はまさにお墨付きというものなのでこれなら授乳中の女性にも大丈夫だと思いました。

実はこの酵素ドリンクは授乳中ダイエットだけではなく、妊娠中でも摂取できると聞いたのですが、まあ確かに各種栄養素が豊富で食べ物由来ですから大丈夫だと思いますが、それはそれで別にいいサプリとかがあるそうということだそうです。その友人も赤ちゃんができてから健康志向が増したらしく、こういった酵素ドリンクなどで栄養面を考えながらのダイエットに目覚めたそうでした。自分もいつかそういったものにお世話になるのかなと思いつつあります。


産後ダイエットには手足を温めて代謝を改善しよう

産後ダイエットは、やらないとやったではかなりその差が出ますね。妊娠するとどうしても太りやすくなるものです。食べ過ぎが原因であるものが多く、やはり、その食べ過ぎをなんとかしないと駄目なのです。

出産したら除々に低カロリーな食事に切り替えましょう。いっきに低カロリーな食事にしてしまうとストレスとなり、かえって逆効果です。やはり、1品づつ低カロリーにすることがポイントですね。

産後ダイエットをするには、鏡で自分の姿を見つめながらやりますと、より効果的です。頑固な産後太りには、ダイエットサプリを飲むのも有効的なのです。脂肪の燃焼を促し、代謝をアップさせて、より痩せる体を作ることができるのです。

また、その代謝を上げるには、やはり体を温めるということが大切ですね。冷え性の女性は特に手足から冷えてきます。そして、代謝を低下させてしまうのです。そんなことにならないように、手足をまずは温めましょう。それには、手足が冷えたら洗面器にお湯を入れて、その中に手足を入れては温めるようにするんです。10分程度温めれば、より芯から温めることができますよ。

そして、その後に手足を動かしながらウォーキングをするんです。そのウォーキングも走ったり、ゆっくりと歩いたりを繰り返すんです。そして、スクワットも時折、取り入れるのがポイントですね。手足を大きく動かしては運動したり、頭や足を動かしてはより痩せやすい体質に改善するといいのです。

産後ダイエットをするには、まずは温かいスープを飲みましょう。トマトをたっぷりと入れたスープを飲むようにすると、より代謝が上がりますよ。また、スープも胡麻スープがとてもヘルシーで腹持ちがいいですね。少し多めに入れ下さい。

また、暇な時には手をブラブラと動かすのもポイントです。また、産後ダイエットをするには、縄跳びも有効的ですね。縄跳びをしながら、庭を5周にもしますと、より痩せますね。

手袋をして、ブーツを履きながら冬は暖かくしてウォーキングしましょう。


骨盤の歪みを解消して産後ダイエット

出産後は、骨盤が開いているため、産後ダイエットの一環として骨盤矯正を行ってみるとよいです。妊娠したり出産することで、骨盤が開いたままになってしまいます。この状態をそのままにしておくと、新陳代謝が悪くなってしまったり、体に余計な老廃物が溜まったままになってしまうのです。この状態では、いくら運動しても効果が出てこないでしょう。はっきりとした効果を求めたいときには、骨盤矯正を行ってみるとよいです。

骨盤矯正による産後ダイエットは、エステに通うことで受けることができます。大手のエステサロンでは、色々なメニューの中に骨盤矯正も加えているので、産後に体型の変化に悩んでいる方も、気軽にケアを受けられるようになるのです。骨盤矯正というと痛いイメージもありますが、エステでは痛みが出ないように注意しながら施術を行ってくれるので、痛みが気になっている方でも安心して施術を受けることができるでしょう。エステに通うことで、次第に骨盤を元の位置に戻すことができ、体型も改善できるようになってきます。

また、エステに通うだけではなく、自宅でも運動を行うことで、骨盤の歪みを解消しやすくなります。自宅で軽いストレッチを行うことで、体全体の歪みを改善しやすくなるのです。ストレッチは、体の歪みや筋肉の緊張を解消しやすい運動になっているので、産後ダイエットのためのメニューとしても適しています。また、ストレッチは激しい運動が苦手に感じてしまう方にもおすすめの運動法になっているため、誰でも行いやすくなるでしょう。

エステに通いながらストレッチも行えば、骨盤の歪みも徐々に解消することができます。ただ効果的な産後ダイエットに挑戦しても、普段の生活に気を付けないと効果は台無しになってしまいます。せっかく運動しても、猫背で生活を送っていたり足を組んで座ったりしていると、骨盤が歪む原因となるので、普段の姿勢に気を付けながら生活を送るようにしましょう。