「 ダイエットに関する雑記 」一覧

膝上スカートを履ける脚になる為にダイエットを

女性は男性に比べると美容に対する意識が強いものです。メイクやヘアメイク、それにファッションにも高い関心を持っている方は非常に多いと言えるでしょう。そしてこれらに対する高い意識を存分に発揮する為に、自分自身のボディメイクにも高い関心を持つこともまた一般的となっています。

美しいファッションを着こなす為には、ファッションをより映えさせることができる体が必要です。脂肪が余分についた体では、やはりどうしてもファッションを映えさせることはできません。たとえば膝上丈のスカートを履きたいなら、やはりある程度すらっとした脚であることが必要となるのです。

美容とファッションの為に脚を細くしたいと考える女性は少なくありません。しかし下半身は思いのほか太りやすく、なかなかダイエットが成功しないケースも珍しくないのです。下半身のダイエットの為には、まずは下半身が太りやすい理由を知ることが大切です。

下半身はもともと血行が悪くなりやすい部位です。特に女性の場合は下半身の筋力が男性よりも乏しい為、血液を心臓に押し戻す力が弱い傾向があります。血行が悪くなると老廃物の排出も滞りやすくなり、むくみを招きます。そうして老廃物が蓄えられていき、それが脂肪と結びついて太い脚になってしまうというわけです。

脚のダイエットには、まずは血行促進が大切です。脚のマッサージや半身浴などを活用して血行を促進すれば、老廃物や余分な脂肪分も体外に排出されやすくなります。また、運動を併用することで下半身の筋力を強化し、血行を促す効果も期待できます。つまりファッションを映えさせる脚を手に入れるには、マッサージと運動の両方をバランスよく行うことが大切というわけなのです。

運動をすると筋肉がついて脚が太くなるというイメージを持つ人もいますが、女性の体にはそう簡単にはムキムキの筋肉は付きません。ダイエットエクササイズ程度の運動なら、むしろすらりとした脚を手に入れるのに効果的です。膝上のスカートを自信を持って履く為に、上手なメニューを組んでダイエットを行いましょう。


健康的にダイエットを行うための秘訣とは

夏を迎える前にどうしても痩せたいという人は、なるべく早い時期から少しずつダイエットするようにするのが気楽に痩せるための秘訣です。テレビや雑誌の影響で痩せるためには、ハードなトレーニングや運動をしなければならないと思い込んでいませんか。実はそんなことなくて、激しい運動に取り組まなくても、簡単な運動を少しずつやるだけでも確実にカロリーは消費できるんです。簡単な運動の代表的なものと言えば、「歩く」こと。日常的に歩く癖をつけることで、少しでもカロリー燃焼のチャンスが訪れます。

歩く癖をつけるのは簡単です。車や自転車で移動していた場所を、なるべくなら歩く癖をつけるということです。近場のスーパーやコンビニへの移動で、車や自転車を使って楽していたことはありませんか。徒歩五分程度の場所でも、歩く習慣をつけてあげるとダイエットにバツグンの効果があります。こうした簡単運動の積み重ねをしていくと、数週間後数ヵ月後に驚くような効果を実感することができます。

ちょっとした運動の習慣ができあがってきたら、次なる目標は毎日の食事を見直してあげることです。一番良いのは野菜や低カロリーで高たんぱくなものを食べるようにしてあげることです。野菜はともかくも、低カロリー高たんぱくな食事と言われてもなかなかピンとこないかもしれません。実は身近なものでこういった食事は隠れています。日本人はお米が大好きだと思いますが、白米よりも玄米がこういった食事に含まれます。

他には納豆や卵の白身部分に、お豆腐なんかがベストです。卵の白身の部分だけをチョイスして、ダイエット食品として毎日食べるのはなかなか難しいと思いますから、ここで注目していきたいのは納豆やお豆腐です。どちらにも共通しているのは大豆ということ。ダイエットには大豆が強い味方になるので、痩せたい人にはおすすめできます。特に醗酵させた納豆のネバネバは体にも良い健康食ですから、痩せたい場合には一石二鳥の効果を望めます。


断食ダイエットの利点や弱点について

断食ダイエットを行うという方は増えていますが、これは利点や弱点を知った上で行うと健康的に痩せる事が出来る効果的な手法と言えます。

名前の通り断食というのは食事を断つと言う事ですが、様々な断食方法があり、三食のうち一食だけを置き換え食にする方法や、一日だけ水で過ごしたり、何日もの間断食をする等があり、基本的には断食期間が長くなる程効果も高いですが、リスクも知った上で行う必要があります。三日以上の断食を行う時には専門知識を持った指導者が居る環境で断食ダイエットを行う事が望ましく、断食道場等がありますから指導を受けながら行った方が安全です。

断食は食事を断つ事で常に動いている胃腸に休息を与える事が出来ますし、単純には摂取カロリーを抑える事から痩せる事に繋がるものであり、胃腸に休息を与えれば臓器の修復にも繋がって体全体から毒素が抜けたり、心身の回復に力を注ぐ事が出来ます。
痩せるだけの効果ではなく、心身に好影響を与える利点が大きな断食ダイエットですが、注意したいポイントとしては断食前後に注意する必要がある事です。いきなり食事を断つというのは体に大きな負担になりえますから、断食に入る前には少しづつ食事量を減らしたり、断食明けにもいきなり固形物を食べるのではなく、流動食から段々と胃腸負担が大きな固形物に変える事が有効です。

一気に変えると負担が大きくなるというのは断食の弱点とも言えますが、そこを考慮してポイントを押さえれば安全に効果的に痩せていく事が出来ますし、単純に体重を落とす以上の効果を得られるという利点があります。
臓器に休息を与える事が出来るのは体は余分な毒素や脂肪を出す事に力を集中出来ますし、栄養素を巡らせる体作りにも繋がり、心身をリセットさせる効果に優れていますから、定期的に断食を行うという方も増えています。
断食の時の注意点を守って、体へのリスクを除外した上で行うと心身に有益な手法となりえます。


ダイエットの運動は出来る範囲からゆっくりと

 冬になると太りやすいとよく言います。それは体が寒さに抵抗するため自然と脂肪を蓄えようとするのもありますし、外が寒いと出かける頻度も減って動いてカロリーを使う機会が減ってしまうこともあるでしょう。しかしそうなれば必然として体重は増えていきダイエットが必要になる方々も多くなるでしょう。
 
さて皆さんがダイエットと考えて最初に浮かぶのはやはり運動して脂肪を燃焼させることでしょう。食事制限も方法の一つではありますが劇的な効果を見込むには苦しいものになりますし下手をすれば健康を害します。それに出来れば食事は美味しくストレスの無い物にしたいものです。それにダイエット後も体重を維持するなら食生活は一定にしておきたいのでそれが苦しくてはずっと辛い思いをすることになります。
 
では運動をして体重を減らすとしてどんな運動をすればいいでしょうか。お金もかからず手軽にできる運動と言えばランニングです。ランニングは上手くやれば概ね全身を使うことが出来ますし体力もついて一石二鳥です。
 
そんなランニングですが最初はどれくらいから走り始めればよいでしょうか? 私はまず自分が楽に走れる距離をお勧めします。自分の体力の限界ではなくあくまで走り終えた時に十分以上に余裕のある距離です。その理由は単純で人間は辛いことは投げ出す生き物であるという事です。いきなり自身の体力の限界を責めてもそれを毎日続けることのできる人は少数でしょう。ですからまず自分が確実に走る事の出来る距離を設定して走ること自体を習慣化していきます。人間は辛いことは嫌ですが習慣化ていると不思議とそれが義務のように感じられて耐えることが出来るようになります。距離はそうして習慣化してから少しずつ増やして行けば良いのです。無論その場合は短期的な効果は見込めませんが投げ出して失敗してしまうよりはいいでしょう。

そして何よりもここで習慣化してしまえばダイエット成功後もそれを維持することが容易です。
 ダイエットの為に運動は有効ですがそれを自分がどうやるかではなく、どう続けていけるかを最初に考えることが重要なのです。


ダイエットを継続して続けるための秘訣とは?

ダイエットをはじめたけどなかなか長続きしなかった経験はありませんか?なるべく続けたいけど、会社の飲み会とかで結局、暴飲暴食をしてしまい食事制限ができなかったなどいろいろあると思います。どんなときでもダイエットを継続するための秘訣を考えてみようと思います。ここでは2つの方法を紹介します。みなさんのダイエットが継続できる手助けになればと思います。

・飲み会が多いときはどうやって食事制限すればいいの?
働いていると飲み会などがあったりして大変です。そういう宴席で自分だけダイエットをしているからお酒も飲まない、食事も控えるのはちょっと付き合いが悪いと思われてしまいがちにあります。食事コントロールを飲み会の日だけでなく飲み会のある週自体でコントロールすれば調整しやすくなります。例えば、金曜日が飲み会のとき。月曜から木曜まで少し高カロリーの食品を控える、お菓子を制限するなどすればトータルで考えるとカロリーを調整できます。

・運動できない日もあってダイエットが続けられない
運動によるダイエットの場合、運動を続けないとダイエットにならないのでストレスになります。残業で運動時間が確保できない、ウォーキングやジョギングでダイエットをしているけど、雨の日はできないなどあると思います。そこでそんな運動ができない日は食事コントロールに切り替えるとよいです。例えば、月曜日は雨でウォーキングできなかったので夕食を少し控えるなどすればよいと思います。また脂肪を燃焼させるドリンクなどを飲むと効果がありそうです。脂肪の吸収を抑えるお茶なども多く販売されています。

このようにダイエットを続けたくてもさまざまな理由でそれができないときもあります。またダイエットは継続しなければ結果が出ないと思いがちです。そうするとあせりが生じてしまいます。あせりはストレスになり体重が減りづらくなるかもしれません。ダイエットも2種類くらいの方法を組み合わせれば相互に補完できて便利です。


ダイエットには本格的スポーツを

ダイエットには運動が一番です。食べ物でカロリーを抑えるのもいいですが、劇的な体重変化はやはりスポーツで起こるものなのです。そんなスポーツですが、楽しくやり続けるには近所のサークルや教室に入ってやるのが一番です。なんといっても、一緒にがんばる人がいれば長続きすることが出来るからです。

例えばテニスをダイエットに選んだ場合は、かなりハードな運動量なので、一ヶ月で二キロくらいは簡単に落ちるでしょう。その二キロを一年続けられたら、24キロは痩せられる計算になりますので、決して小さい数字ではありませんね。
テニスは、広いコートの中を走り回ってボールを追いかけ相手のコートに打ち返すので、相当動き回ることになります。ママさんバレーの非ではないほど動き回るので、慣れない内は5分もラリーを続けたらもうクタクタになってしまいます。それが、やり続けることで10分、15分と続くようになってきて、体も慣れてきて、体力もつきどんどんテニス体型になってきます。気がついた時には引き締まった体つきになってきて、ダイエットに成功していることになります。

また、テニスでダイエットをする利点は、同時におしゃれも楽しむことが出来ると言う点にあります。スポーツ店に行くと、テニス関係のウェアが所狭しと置かれているので、選ぶのにとても悩んでしまいます。テニスがおしゃれなスポーツであることはみなさんよく分かっていらっしゃると思いますが、やはりダイエットをするとおしゃれも楽しくなるものです。テニスは、痩せてさらにおしゃれを楽しむことが出来る一石二鳥のスポーツなのです。

このように、軽いスポーツもいいですが本格的なスポーツをすることで思ったよりも手軽に痩せることで、人生にも張り合いが出てきます。最終的には試合に出られるほど上達することも出来ますから、やせたいと思ったときにはそういったサークルや教室に入ることをお勧めします。趣味が一つ増えて楽しいですよ。


ダイエットを成功させる秘訣はカップルで運動すること

私の彼女はちょっとポッチャリとした体型をしていました。私はそれがチャーミングポイントの一つだと思っていたのですが、彼女は自分の体型をコンプレックスに思っていたらしく、しょっちゅう痩せなければと思い詰めていました。痩身を理想と煽り立てる世の中ですから、彼女がそのように悩んでしまったのも仕方ないことなのかもしれません。私自身は健康を害するほどに太っていなければ問題ないと思っているのですが、彼女が体型について懊悩しすぎるのも心の健康に良くないと思い、ならば一緒にダイエットのための運動をしようとすすめたのでありました。

私たち二人はダイエットのために様々な運動に取り組みました。会社帰りに合流して二人でジムでトレーニングをするようになりました。二人してスポーツバイクを買って、休日にはポタリングを楽しむようになりました。また、日本アルプスの風景が好きだったこともあり長野や山梨の山々を登山するようにもなりました。とにかく生活の中に運動を取り込めるのなら、何でも試してみました。そして、二人で運動をするようになって1年後、彼女はスラっとした体型を手に入れるに至ったのです。ダイエットに成功した彼女は、もはや自分の体型に悩むことはありません。毎日自信に満ち溢れたような気持ちで過ごすことができているようです。さらには、運動をすることが習慣になったおかげで、二人して健康的になることもできました。私は今でも女性が痩せている必要ないと思っていますが、このような健康的な生活が送れるのなら、ダイエットも悪くないなと考え始めています。

ダイエットを成功させる秘訣はカップルで取り組むことではないでしょうか?一人で運動をしていると虚しい気分に陥ることもあるでしょうし、片方だけが苦しみ、もう片方が楽々とした生活を送っていると、いろいろと不和が生じてしまってもおかしくありません。もしも、恋人が痩せたいと悩んでいるようなら、相手を一人にせず、共に運動に励んでみてください。二人で楽しく運動すれば、きっと持続するし、確かな効果がでるはずです。