あの国民的スターが仮想通貨を発行?!|仮想通貨情報局

あの世界的な英雄の仮想通貨が遂に登場その名もPacコイン

仮想通貨とボクシング

仮想通貨業界は今非常に盛り上がっています。国や企業が大々的に動いています。今後仮想通貨が使える場所が増えて行けばおのずと利用者も増えてくるだろうという見方が強いです。
最近は聞かなくなりましたが一時期は有名人や芸能人をモデルに起用した仮想通貨が話題になりました。そのひとつがスピンドル/SPINDLE (SPD)です。

別名:ガクトコインとも呼ばれているこの仮想通貨はテレビや音楽業界で有名な「Gackt(ガクト)」氏がつくったコインとして話題沸騰になった事は皆さんの記憶にも新しいと思います。
期待値が高かった事もありかなりの人数の人が購入したそうです。このように有名人や芸能人が仮想通貨を使って話題になるという自体が最近多いです。

そんな中で遂にあの世界中のボクサーファンに愛されるあの人が遂に仮想通貨を作ったそうです。
その人物がマニー・パッキャオ(Manny Pacquiao)氏です。彼と言えば2015年のメイウェザー戦は歴史に残る戦いとしてたくさんの方がご覧になったかと思います。

彼はフィリピン出身の方で幼少時代は貧しい暮らしをしていましたが今では上院議員を務めるほど人間として素晴らしい方です。

ボクシング

そんなマニー・パッキャオ(Manny Pacquiao)氏が発行する仮想通貨はPacトークンと呼ばれています。
フィリピンの証券取引委員会によるICO規制の枠組みが現在の課題ですが、それをクリアできればすぐにでもトークンの販売が開始される見込みです。

このような仮想通貨活用法は今後アイドルや歌手、マイナーな競技やスポーツ支援として発行されれば支援活動にもつながるので様々な場所で活躍が期待できます。
イメージとしてはクラウドファンディングのような役割になると思われます。実は先ほど名前が出たメイウェザー選手もいくつかのICOをプロモーションしていたという情報があります。

これからもますます仮想通貨は発展拡大しそうですね。

仮想通貨はもう終わった?まだまだ期待できるって知ってました?

仮想通貨はもうダメなのか?仮想通貨の未来とは?

仮想通貨の未来

仮想通貨は一時期もの凄いスピードで認知されたくさんの人が得をし、損をしたことで一躍有名になりました。そんな一世を風靡した仮想通貨が今は下火になっていると思っていませんか?
かなり多くの人が仮想通貨はもう期待できない、終わった、と思っているのでは無いでしょうか。

1.仮想通貨に対する動きが世界的に進んでいる。

世界的に進んでいる

海外ではキャッシュレス化に伴い現金の支払いではなく電子マネーやカードでの支払いがメジャーになっています。理由はその方がメリットが多いからです。
海外は紙幣や通貨を持ち歩く事がそもそも面倒だと感じる人が多く、国土の広い国では自販機や公衆電話などがしっかり整備されていない事もありキャッシュレスという考え方が推奨されています。

仮想通貨は日本でも商品を購入する際に使う事が出来ますが、コレが世界的に広がる可能性が高いです。送金や手数料の面でのメリットもあり今後の発展が期待できます。
実際に日本だけなく海外でも仮想通貨を使った支払いが出来る店舗も登場しています。

2.今でも価値が上がっている

上がっている

仮想通貨バブルというものが収まってきて価格も落ち着いていますが、グラフを見るとわかるように少しずつ価格は上がってきています。
下記のサイトでわかりやすくまとめられていたので画像も含めて貼っておきます。

グラフ

https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPYから引用

このように価格は上がっている事を考えるともう一度仮想通貨の波が来る可能性が非常に高いです。投資の基本は安い時に買って高い時に売ると言うのが基本です。なので損切りはしないという投資家もいる位です。
仮想通貨で損をしている人たちは高い時に買って安くなってから売っている人も多いです。それでは損をしてしまいます。

仮想通貨が上がりきっていない今こそ買い時です。しかし、はじめてと言う人は何から手を出して良いかわからないと思います。仮想通貨に精通した人物を頼りましょう。
億万長者輩出プログラムには投資の基本や仮想通貨に関するノウハウが詰まっているので初心者でも安心して行う事が出来ます。

3.仮想通貨の仕組みであるブロックチェーンの利便性

ブロックチェーン

仮想通貨の信頼性はブロックチェーンによって成り立っているところが大きいです。
ハッシュ関数というもので暗号化されています。詳しく話すと難しくて長いので簡単に説明します。

暗号化されたデータは複数人が見れる状態で管理します。そのデータを改ざんしようとすると内容が変わってしまい必ず痕跡が残ってしまいます。
詳しく知りたい人は「ブロックチェーンとは」と調べてみてください。ブロックチェーンは改ざんが実質不可能なのでセキュリティー面で非常に優秀です。

2018年の初めに起きたネム流出事件はブロックチェーンが原因では無く管理側が外部からアクセスが出来る状態にしていた事によって起こった事件です。
このブロックチェーンによる発展がこれからも期待できます。もちろん、仮想通貨だけでは無くそのほかのセキュリティーにも使える記述ですので期待が持てます。

何故こんなにも仮想通貨が下火になっているのか?

下火になっている

仮想通貨がこれほどまでに下火になっている理由について以下のような可能性が示唆されています。
急速な期待による価格の上昇が考えられます。

本来であれば少しずつ評価され長い時間をかけて価格が上昇していくというのが一般的ですが、仮想通貨の場合数年で価値が跳ね上がり億万長者や億り人と言う人たちが多く生まれました。
こうした急激な発展は決まって終息していきます。イメージとしてはお祭りが終わり本来の状態に戻ったという感じです。ただ、先ほどのグラフを見てもらってもわかるように最低額はゆるやかに上昇していきます。

今後も緩やかに上昇していくと観ています。
市場が成熟する前に今回の仮想通貨バブルのような事が起こると当然熱は徐々に下がりやがて本来の位置に戻ります。

仮想通貨も今様々な動きがある中で企業や国の準備がととのっていないウチにこれだけ火が付いてしまったのはかなり意外でした。
そのおかげで億り人になった人もいます。これからの話になりますが、仮想通貨はコレだけ利便性が高く注目されたものとして将来的な発展や投資先として優秀です。

仮想通貨はもう一度来ると投資家は考えている!

また戻ってくる

仮想通貨の波は間違いなくもう一度来るでしょう。
そのスパンや期間についてはもう少しかかるかもしれませんが、利便性や国が動いている事を考えても仮想通貨がこれからの社会に大きな影響を与える事は間違いないでしょう。

このようにベテランの投資家は仮想通貨を購入し次来る波に備えています。
基本的には安く買って高く売るのが投資の基本ですが、初心者にはそのラインや判断が難しいでしょう。

その時は誰かに教えてもらいましょう。信頼出来るトレーダーや周りに仮想通貨で結果を出している投資家がいればその人に聞くのが良いです。
多くの人は私と同じように「周りにそんな人いない!」と言う人がほとんどでしょう。

今からでも仮想通貨で資産を作りたいと考得ているなら今からでも積極的に勉強するのがお勧めです。
仮想通貨はもう一度来ます!今からでも知識を付け実際に資産を増やす準備をしませんか?